カナダにもロンドンがあるって知ったので誕生日に行ってきた。一人で。

あるんですよね。実は。カナダにも。ロンドンが。

僕はイギリスのロンドンが大好きで、初めての海外留学先もロンドンだった。

 

カナダにロンドンがあるなど思ってもみなかったのだが、教えてもらい行ってみた。

 

トロントに着いたばかりの頃、カナダの街並みが日本とあまり変わらないなと思い、実はあまり好きになれないでいた。

やはりヨーロッパがよかったなと思うことが何度もあったのだ。

でも、カナダにもロンドンがあって、しかも街並みもヨーロッパっぽいというのを知ったので、本場であるイギリスのロンドンに留学してた自分としては行くしかないだろうと思い実際に行くことに。

 

だけど、行ったことのある人から話を聞くと、「別に何もない」と言う人が多かった。

とは言ってもそれはそれで気になるなと思い、行ってみたい気持ちも強くなっていた。そして休みを取って一泊二日で行ってきたのだ。

 

しかも自分の誕生日に。

 

一人で。

 

とりあえず行く前に、ウィキペディアで調べてみた。

オンタリオ州南西部では最大の都市であり、かつてはミドルセックス郡(Middlesex County)に属していたが現在は行政として独立した市である。教育やヘルスケア、観光、商業、経済に力を入れておりこの地方の中心的な存在である。市のニックネームも”Forest City(森の街)”であり、市内には多数の公園が存在している。

また都市名の由来はイギリスロンドンであり、他にも関連した地名がみられる(例: テムズ川オックスフォード・ストリート)。イギリス本国外のロンドンという地名の都市の中では、最大規模の都市である。カナダのもう一つの公用語であるフランス語では、イギリスのロンドンはLondresと呼ばれるが、カナダのロンドンはLondonのままである。

ウィキペディアより

ミドルセックス……

 

とまぁ実際にイギリスのロンドン由来の場所で、同じ地名もあるとのこと。

トロントからは電車で約2時間。行くのは難しくない。

着いた。

確かに町並みがヨーロッパっぽい。

でも街は本当にこじんまりしていた。

ロンドン。

キレイ。確かここがテムズ川だったかな。イギリスのロンドンにもある川。

こちらはコヴェントガーデンマーケット。これも全く同じ名前のマーケットがイギリスのロンドンにもある。大きさは圧倒的にイギリスの方が大きい。

泊まったのはこのデルタ・ホテルズ・ロンドン・アーモリーズ

ロンドン塔をモチーフにしているようで、決して安くはないのだけどおしゃれで設備もよく、駅からも近くてかなり満足できるホテルだった。短期での宿泊ならオススメ。中の写真は撮っていないけども…

まぁ誕生日だったんで贅沢しまくった。

 

一人だけど。

>>Expediaで料金をチェック!

で、本当に街中は歩いて一通り見て周れるほどの小ささ。電車などもない。

適当に観光して、一日目を終えた。

 

そして2日目、ここで問題が起こったのだ。

 

観光スポットをいろいろ調べていたら、昔のロンドンをモチーフにした観光スポットがあるという情報を得た。

そういうのがとても好きだからとにかく行きたいと思い、ホテルからの行き方を調べていたのだ。

タクシーを使ったほうがいいと書かれてあったが、お金もかかるし、地図で調べたらホテルからそこまで遠くないようにも思えた。

ということで二日めはホテルからそこまで歩いてみようと。歩くのは好きなので。

 

で、歩いたわけなのだが、不思議となかなか進んでる感じがしない…

 

たまにあるだろう。地図で見たら遠くないように感じたが実際歩いてみたらかなり遠いみたいな。

まさにそれだ。なかなか近づかないのだ。途中スタバに寄り休憩しつつ地図を頼りに歩き続けたのだが、なんと途中で道を間違えてたようで。地図を見ていたはずなのに。

 

そういえば自分は結構な方向音痴だった。ちなみに歌も音痴だ。カラオケ反対派。二次会でカラオケのノリになったら帰るかボーリングに変更させるタイプだ。

 

で、また道を戻りひたすら歩き続ける…

すぅんごい田舎道で綺麗だったのだがすぅんごい疲れてたわけで。ヒタッスラ歩いて、やっと着いた。2時間半くらいかかったかな。

 

でもですね、

 

 

何もなかった…

 

この時は11月…どうやらシーズンじゃないらしく何もなかったのだ…2時間歩いて…やっと着いたのに…

それで、やはり一応は観光スポットなのだから帰りはタクシーとかバスとか出ているだろうって思ったのだけど、それすらもなかった…すぅんごい田舎だったからタクシーとかも通ってなくて…

また歩いて帰るしかない…2時間半かけて…

しょうがないのでまた歩き続けた

 

でもありがたいことに、何とか少しずつ中心部に近づくと、タクシーがちらほら見えてきたではないか。

もう歩きたくねぇと思ってタクシー止めましたよね。

で、そのまま駅まで。

無事に帰れました。

 

これ、まだ誕生日の翌日の話ですからね。大変でした本当に。

 

まぁでもロンドンが好きな人は行ってみるのもありですね。トロントと比べるとヨーロッパの雰囲気が残る街並みで綺麗なのは確かです。


次のお話はこちら>>トロントの年越しカウントダウンでてんやわんやでテンパりながらも帰ってみたらさらにわっちゃわちゃした話







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です