トロント1年のワーホリで僕が語学学校に行かなかった理由(お金以外で)

トロント生活も2日位経ち、エージェントのプランだか何だじゃで今度は語学学校を見学して周るらしい

 

そもそも僕は、ロンドン留学の時点ですでに3ヶ月間語学学校に通ったというのもあり、全然通う気はなかった(というかそんな資金の余裕もなかった)

 

だが、エージェントのプランに含まれているからとりあえず行かなければいけないんだとか。まぁやることもないしとりあえず行くことに

 

そもそもカナダは日本人の留学先としてはめちゃめちゃ人気があるので、街中にも日本人は本当に多い

バンクーバーが日本人だらけと聞いたからトロントにしたワケだけど、それでもめちゃめちゃ多かった

 

『歩いてたら日本語が聞こえてくる』っていうのは本当です。本当に聞こえてきます

 

あと、中国人とか韓国人とか、とりあえずアジア人はめちゃめちゃいます

 

で、この日から数日に分けて語学学校を数校見て周ることに。結構いっぱい行った。

 

で、中にはトライアルレッスンを受けられるところもあり、実際に授業を体験できたのだが、その前にクラス分けのテストがあったのだ

 

ロンドンの時点では中級の一歩手前だったわけだが、実際にはもう中級でいけるっしょくらいの自信はあった

ドキドキでしたね。だってこれでまた初級とかになったらあのロンドンの4ヶ月はなんだったのってなるから

だけど、ロンドンの時と明らかに違ったのはちょっとした”自信”。本当にちょっとしたやつ

 

実際に現地で友達作って飲みに行ったり遊んだりしてわけだから、これで初級なはずないでしょって思ってた

 

ロンドンの時は初めてだったから緊張してまともにテストの時受け答えできなかったけど、今回はそれなりにはできた気もする

 

もちろんペラペラではないけど。実際にカナダについてから道を聞いたりするのも普通にできた

 

 

で、振り分けられてみると、なんとか中級だった

ちょっとここまで振りっぽく書いたから初級だと思ったでしょ?

中級でした♡

まぁ学校によっては審査基準が厳しいところもあって、pre-intermediateのところもあったけど、さすがに初級はなかった

 

あと、カナダにきて気づいたのは、カナディアンの英語は発音が綺麗ということだ。クリアで聞き取りやすい

実際カナダの語学教育の水準はかなり高いらしい。訛りもない

 

ただ、すんごい嫌だったのが、トライアルで授業を受けた時、実際に振り分けられたクラスに行ったんだけど、全員アジア人のクラスだったことがあった。これは驚いた

 

これがカナダでは語学学校は行かなくていいなと思った最大の理由

 

正直トロントで生活をしていた1年の間に、語学学校行ったおかげで英語話せるようになりましたっていう人と会ったことはない

 

というか結局、語学学校に行っただけで英語話せるようにはならないと思う。もちろん伸び率には個人差があるだろうけど

 

そもそも英語が話せない人たちが集まるわけだから、こっちが言ったことが伝わらないこともあれば、向こうが言ったことが理解できないこともある

ロンドンでの初級クラスでもそれは本当に感じたことだった

まぁそれでもなんとか伝えようとしたりするからそういうのも勉強になったりはするのだけど

 

で、さらに日本人が多いとなると結局日本人同士でつるんで英語を話さなくなる。これがほんとうに多い。意味がない

 

ただ、語学学校に行かないと、特に最初の数ヶ月はなかなか友達ができない。現地での触れ合いが他にないのだから

 

だから僕はそこが少ししんどかった。英語を話す機会がない

だからまぁ友達作りのために学校通うのはありだとは思う。外国で友達いないとか寂しいので

 

で、じゃあ僕は最初何してたかっていうと、毎日どでかいショッピングモール『イートンセンター』に行ってぶらぶらしていた

 

そう、一番の理由はトイレに行くため、だ

 

だってホームステイ先で紙流すなって言われたから。そんなのはいやだと激しく思って流せるトイレに行っていたのだ

 

そんなに家から近いというわけでもない。家からはバスで10分くらいかけて駅まで行き、電車で15〜20分位かけて行くといった感じ

 

トイレのためだけに

 

マジで引っ越したかったトロントの冬


次のお話はこちら>>トロントのホームステイ先で犬にヤられてしまった話







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です