ダブリンの家探しって、難しいですよ。

アイルランドのダブリンに着いて数日たち、落ち着いてきたところでこれから住む家を探す必要があった。

アパートで一人暮らしなんてもちろん高すぎて無理だからシェアハウスを探すことに。

基本的にアイルランドで家探しをする際にお世話になるのはダフトと言うサイト。アイリッシュも留学生もおそらくこれを使ってると思う。

ただ、マジで難しいっす。何が難しいかというと、単純に物件の数が多くないということと、大家さんとの連絡が取りづらい。

 

物件が少ないから応募が集中しちゃうんですよね。

で、大家さんのメールアドレスとか電話番号とかも載ってるわけなんですけど、他のいろんなサイト見てるとメールじゃ返ってこないから電話した方がいいって書いてます。

もちろんその通りです。

電話の方がすぐにその場で内見のアポを取れるので。

だけど、英語力に自信がないとそれがなかなかできないわけですよね。普通に話すだけでも難しいのに、電話ってさらに難しいしアイルランド訛りが激しい人だとマジで何言ってるかわかりません。

 

あ、アイルランド人の英語はマジでなまってます。最初はあんまよくわかんなかったけど、いろんな人と話してるうちに聞き取りやすい人と聞き取りにくい人がいることに気づいたんです。

なので、英語力に自信がないと結局とりあえずメールになるわけですよね。でも、

 

ほんっとに返信がこねぇっす。

そりゃそうです募集かかった途端にみんな一斉に応募するわけだから電話優先、何なら多分アイリッシュを優先する大家だって少なくないでしょう。

他の国だと日本人はきれいに使ってくれるってことで日本人を歓迎してくれたりもするけど、そもそもアイルランドは日本人が少ないからそういうイメージもないんでしょう。たぶんね。

 

だからとにかくいい物件見つけたらメールを送りまくった方がいいです。じゃないといつまでも決まらないので。

で、自分のことをしっかりメール内でアピっといた方がいいです。もう就活ですかぐらいの勢いでアピった方がいいです。

なぜアイルランドに来て、いつまで住む気で、自分を入居させてくれたらこんなメリットあるよ、みたいな。

 

僕はとりあえず自分の職業と名前と日本人であることとワーホリだから1年住めること、日本食とか作るよ!とか書きました。

あと女性希望の物件も多いから男性はさらに厳しいっす。マジで。

 

で、何件も僕もメールを送ってみたら、運良く一件返信がきた。その人曰く「応募してくれた順番よりもメールの内容で返信する人を決めている」だそう。

 

てことでとりあえず家を見に行く予定を決めて行ってみた。もう何件も見にいくのもやだし難しいからできればここで決めたいと思っていた。

だけど、まずそこが都心部から結構離れていて、バスに乗らないと行けない距離。

めんどくさかった。しかも、家じゃなくまずはその人が働いている大学にきて欲しいとのこと。どうやら大学の先生らしい。

てことでそこまで向かってみた。まだダブリンきたばかりでバスもそれなのかよくわからなかったけど、人に聞いたりウロウロしながらやっとバスに乗って着いた。

 

で、大学の敷地内に着いたはいいけど、外国で、しかも大学とか言われてもどうしていいかわからない。もう一回メールを送ってみた。

 

そしたら中に入って来いと。

ビビりながら中に入り、それでもどこに行っていいかわからないから中にいた学生っぽい人にこの先生の居場所を知っているかって聞いて、何とかたどり着いた。

で、挨拶してそのままそこから一緒に家に向かうことに。

 

その学校からもちょっと距離があったからもう来た道がわからない。

とりあえずついて行ってやっと家を見せてもらった。

悪くはなかったんだけど、少し部屋が小さいのと備え付けのものがあまりに少なく、入居後こっちで用意するものが多そうだった。それで都心からも遠いっていうのもあってこれは無理だってことで、お断りを。

しかもそこからの帰り道もまあ迷った。雨降ってたし。頑張ったけど。

 

で、また気を取り直してメールを送ってたら今度は2件返信が。

送りまくれば何件かは一応返信はきます。で、また予定を決めて見に行った。

そこはよかった。都心部も徒歩件内で治安もいいところ。家賃はちょっと高いけど部屋にシャワーとトイレがついていた。シェアハウスでこれはアツイ。

 

家賃の高さだけ本当気になったんだけどもう選んでる場合じゃないって思ってそこで決めた。

ダブリン8のキルメイナム刑務所の近く。バス停からも近かった。その場で家賃とデポジットを支払うことに。

 

ちなみに、ダブリンの治安は街の真ん中に流れているリフィー川を挟んで、北が治安が悪く南が治安いいって言われてます。でも北に住んでる日本人も普通にいるし結局場所次第です。

 

まぁ知り合った日本人はやっぱり南側が多かったけど。中には北のほうでバスに乗ってたら石投げ込まれたっていう人もいましたね。気をつけた方がいいすね。

 

これからダブリンに行く方、電話するのが怖い場合はメールでアピりまくって何件も送った方がいいですマジで。

あ、あとダフト以外にもMixBっていうサイトもあります。

こっちは完全に日本人向けなので物件は少ないけど日本人と一緒に住めることもあるし返信もきやすいと思います。僕は日本人と住みたくなかったのでやらなかったですけど。

 

他にも仕事探しとかもたまに募集でてるんでとりあえずいろいろお世話になるサイトだと思います。

ダブリンはなんか口座作りも仕事探しも家探しも全部がスムーズにいかず、本当に難しかったです。以上です。

 

>>ダフト(英語)

>>MixB(ミックスビー,日本語)

 

次のお話はこちら>>アイルランドのダブリンにこれから留学する方へ。本当にダブリンでいいの?コークがかなりよかったよ?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です