マチュピチュにいつ僕はたどり着くんだい?ー謎のおじさん”アルベルト”登場ー

今回はちゃんと書きます。こんにちは。

マチュピチュに向かうべく、僕はペルーのリマからクスコに飛んだ。そこで、まずは乗り合いのバンに乗るためにその乗り場に向かう必要があったんだけど、行き方がよくわからなかった僕は流しのタクシーでは不安だったので空港から出ているタクシー乗り場に行った。

で、「タクシーに乗りたい」と伝えたところ、マチュピチュ行きの電車に乗る駅まで直接行けるよ、とのこと。

お、まじかと思ったんだけど、これってその分結構お金かかちゃうやつかなって思ってちょっと悩んだ。んでも、タクシーで行けるなら快適だし安心だろうと思ってそれで行くことに。乗り合いのバンって何人も一緒に乗るし、運転も荒いっていうのがネットの情報で仕入れてたから不安もあったので。

で、タクシーに乗ろうと向かおうとしたら、謎のおじさんに声をかけられた。あ、運転手さんかな?って思ったらそのおじさんは日本語が少し話せる人だった。名前はアルベルト。もうお分かりだと思いますが、写真は撮っていません。でも実在します。信じてください。

で、タクシーの乗ったんだけど、そのおじさんは運転手ではなかった。運転手は別にいて、そのおじさんは助手席に。もう胡散臭さしかないわけだけど日本語話せるし空港からのタクシーだし大丈夫だろうと思ってとりあえず進んでもらった。

このアルベルトの正体はわからないけどとりあえず、すんごい親切だった。で、これまでも他の日本人観光客の案内なども手伝っているようで、その証拠として日本人観光客と一緒に写っている写真を見せてきた。「安心してねー」みたいなことも言ってた。気がする。

で、マシュピチュ行きのチケットは持ってるのか?とか聞かれたから予約はしてあるけど印刷はしてないって言ったらその印刷までしてくれた。あ、マチュピチュに入るにはチケットが要るんです。それの印刷ですね。

で、困ったことがあったら連絡してねと電話番号を書いた紙までくれた。もちろんペルーでSIMカードなんて買ってないから電話なんかできないんだけど。

で、途中でそのアルベルトは降りて、タクシーの運転手と二人で駅まで向かうことに。ちなみにその駅はオリャンタイタンボってとこです。

クスコは南米感満載。こういうところにくるのは初めてだったからすんごい刺激的ですよね。まさかくるなんて思わなかった。インカ帝国の首都ですからね。ですからねって言っても別にあんまり詳しくはなんだけど。

本当はヨーロッパみたいな街並みが好きなんだけど、これはこれでなんかいいっすね。住めるかと言われたら住めません。

 

で、運転手さんと二人でオリャンタイタンボに向かったわけだけど、まぁやっぱり運転が荒い。すんゲェ怖かった。どのくらい怖かったかっていうと、すんゲェ怖かった。

 

 

デヴィ夫人が100mを10秒台で走っているところを想像して欲しい。そのくらい怖かった。

 

 

少しでも前の車が遅いと判断したら無理やり抜こうとする。いつか衝突するんじゃないかと思ってとりあえず自分の体の横に荷物をおいて少しでも衝突した際の衝撃を柔らげようとした。

そんな中、なんか急に運転手に電話がかかってきて、俺にその電話の相手と話せと言ってきた。なんか英語でいろいろ説明された。ツアーに参加しないかと…

 

このタイミングで?

 

 

でもそんなに資金も余裕なかったし、一回断った。でも運転手さんによると、僕の電車の時間よりもだいぶ早く着くからめちゃめちゃ暇になるよと…そんでパンフレットのようなものを渡された。まずい、このままではうまく言いくるめられて余分にお金を使ってしまう。そうはいかないぜと思いながらそのツアーに行くことにした。単純なので。押しに弱いので。すぐにお持ち帰りされちゃうタイプです。されたことないけど。

そんで、ここから運転が荒い運転手さんと二人きりのツアーが始まります。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です