マチュピチュからの帰りにまたもや謎のおじさんアルベルトに再会!でもそのあとにまさかの体調不良

念願のマチュピチュを見た後、その日はまた同じホステルに一泊。そして翌日朝一の電車でクスコに戻る予定だった。

なんとか朝早く起き、電車に間に合い、オリャンタイタンボまで向かった。その後、帰りはタクシーではなく乗り合いのバンでクスコの空港まで向かう。

 

来るときはタクシーの運転手と二人だけだったのだけど、今回はまさに”乗り合い”のバンで何人かと一緒だった。

で、また激しい運転で揺られながらもクスコに着いたのだが、そこは空港ではなかった。全然どこなのかわからずそこからどうやって空港まで行っていいのかもわからない。

そういえば前もってネットで調べた情報では、乗り合いのバンでは空港までまっすぐ行かないからそこからなんやかんやでうまいこと空港に行く必要があるっていうのを見た気がする。

でもまぁなんとかなるだろうと思ったが、いざ着いたら全然わからなかった。でもリマに戻る飛行機の時間も迫っているため、急がなければならない。

 

で、あたりをキョロキョロ見渡していたら、なんと行きのタクシーで一緒だったあの謎のおじさん、アルベルトの姿を見つけたのだ。

向こうもこっちに気づいたようだった。

 

「おぉ、あなたラッキーですねー」とアルベルト。このタイミングで会えたのは本当にラッキーだ。

そのアルベルトおじさんがタクシーを止めてくれて、空港まで行くように運転手さんに伝えてくれた。飛行機の時間をアルベルトに伝えると「オーマイガー」と言っていたくらい、時間がギリギリだったのだ。

 

これ間に合わないやつかとも思ったけど、アルベルトのおかげでなんとか間に合った。神だ。

流しのタクシーは危険っていうけど、そのときはペルー人でもあるアルベルトが止めてくれたタクシーだったから何事もなかった。ありがとうアルベルト。

皆さんもペルーに着いたらアルベルトを探してみてください。ペルーのどこかにいます。

 

で、その後クスコからリマに飛んだ。リマでもまた一泊する予定だったのと、さすがにマチュピチュに行くまでに移動が多くて疲れているだろうと考えて、今回は予めホステルではなく一人部屋がある安いホテルを予約していた。

そこのホテルについてはまたもや名前も場所も完全に忘れている。空港からタクシーでないといけないようなところだった気がする。

 

タクシーもあらかじめ予約しておいた。リマのホテルは宿泊の予約の時点でタクシーを予約するかどうか選べるので、しっかり予約しておいたほうがいいと思う。それだけ治安が悪いってことでもあるので。

なのに、空港についたらそのタクシーがなぜか見当たらない。おかしいなと思って自分の飛行機の便名を見たら、どうやらあらかじめ伝えておいたのと変更があったようだった。つまりタクシーの運転手さんが帰ってしまったっぽい。

 

こりゃ困った。

 

歩いて行くにも土地勘がないしホテルの場所もよくわからない。でも、空港を出てすぐのところにタクシーの運転手さんがたくさん客引きしている。だから近づいて値段を聞いてみた。

ちょっと高いかなと思っていったん断ったが、このままじゃもうどうにもならないし高くてもタクシー乗るしかないかと思って、改めて計算してみた。

さっきはテンパってて料金をざっくりしか計算していなかったんだけど、落ち着いて考えると、もともと予約してあったタクシーの料金と実はほとんど変わらなかったのだ。

 

てことでやっぱりタクシー乗りまぁすってことを伝えてそのままタクシーでホテルに向かうことに。

何やかんやいいおじさんの運転手さんだった。なんか今回の旅はすごく運がいいような気がする。

 

で、久々のシングルルームでまったりしてたのだけど、ここのホテル、雰囲気はいいんだけどちょくちょくホテルマンぽい人が勝手に鍵開けて入ろうとしてくる。

これにはマジでびびった。チェーンつけてたから開けられることはなかったけど、女の人とかだったらかなり怖いと思う。

何で入ってこようとしたのかはわからないけど、多分誰もいない部屋だと思って掃除かなんかしようとしてたんじゃないかと勝手に思っている。

 

マジでどこだったけな…多分エクスペディアで予約したと思うんだけど、エクスペディアって過去の予約の履歴とか見れないんですかね?誰かわかる方いたら教えてください。1年前の話なのでメールも残ってないっす。

 

安いとこだったと思うけど…まぁ治安悪いとこは少しお金出しても安全なところに泊まったほうがいいですね。どんなトラブルでも楽しめるワイルドな人でない限り。

 

で、まぁそのへんは特にそれ以上問題もなかったんだけど、問題は晩メシをどうしようってことに。

近くに良さげなお店が見当たらないので、受付のオネィさんに聞いたらピザの出前を取れるとのこと。てことでとりあえずピザとコーラでその夜は凌いだ。

 

翌日、ペルーを出て一度ニューヨークに戻るってことになってたのでまたタクシーにて空港まで。帰りは直行だったから余裕とか思ってたんだけど、まさかのここでアクシデント。

 

なんとすんごい体調不良に。しかも、この日は飛行機が夜の10時発だったのだが、それまで特にやることもないから昼の12時にはもう空港についていた。

 

でも食欲も何もかもがなく、吐き気とげりげりを繰り返した。

 

しかも寒気もしてきて、マジでしんどいって思ってとりあえず服を着込んで空港の通路でカバンを盗まれないようにしっかり抑えながら寝ていた。

寝て起きてげりげり。その繰り返しだった。幸い吐きはしなかった。

 

で、なんとかやっと飛行機の時間に。この日だけで何回空港のトイレに行ったかわからない。多分前日のピザが悪かったのか、連日の移動ラッシュとマチュピチュいけたっていうので気が抜けて疲れがどっと出たのかその辺はよくわからない。

 

そんでやっと飛行機へ。ニューヨークまでは約6時間。めっちゃ不安だった。飛行機の中で体調悪いとか一番避けたいパターンだ。

だから中途半端に起きてるより無理やりにでも寝ようと思い、無理やり6時間寝た。それまでも空港に寝てたけど飛行機でも寝た。

途中目が覚めて隣の席をふとみると、すぐ近くに同じく寝ている黒人のおっさんの顔があってマジでこのときは吐き気のピークだった。でもなんとか抑えてまた寝た。

 

なんとか無事に空港について、降りようとしたら、CAさんに「あなたずっと寝てたね〜」って言われた。

 

ただただ吐きそうだっただけなのだ。

 

てことで無事にニューヨークに。

でもこれだけでは終わらなかった。

 

ニューヨークに着くと、何かやたらと入国審査が面倒だったのだ。

この日はNYはトランジットだけで、宿泊はない。でも飛行機は夜で、この時点では朝方だったから時間がすんごいある。でも入国するのに滞在先がないってことですんごい荷物やらなんやら調べられた。

いや、もう結構マジで体調がしんどいんだけど。

 

なんとかそれも終わり、無事入国。

そんで、この後は夜の飛行機でタイに向かう予定だった。しかもフライト時間は乗り換え含めて約20時間ほど。これはやばい。この体調でそれはかなり危ない。だからなんとかまずは疲れを取りたいと思ってNYの休めるスポットを探した。

するとなんかすんごいいいところを見つけたのだ。

スパキャッスル

 

なんていうかスーパー銭湯みたいなとこ。温泉もあって仮眠スペースもある。ダウンタウンからはちょっと遠いけど、とにかくここで癒されたかった。

なんとか頑張って電車を乗り継いで向かった。フラッシングっていうチャイナタウン分あところまで行って、そこからワンホテル(?)だったかな?そこからシャトルバスに乗る。体調悪い割にだいぶ動いた。途中で結構迷ったし。

やっとスパキャッスルについて、そこが本当に居心地がよく、温泉に入って仮眠スペースで夕方まで寝ることができた。これがでもだいぶ効いた気がする。空港についた頃にはだいぶ回復していた。

で、ここからタイに向かうわけです。

てかタイも普通に名所周っただけでネタないんで書くのやーめた。次から最後のワーホリ生活であるアイルランド編にいきまーす。お疲れ様でしたー。

 

次のお話はこちら>>アイルランドの首都、ダブリンのワーホリスタート!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です