ロンドンのカウントダウンの花火は結構すごかったけど帰りがしんどかった

いよいよロンドンもこの日は年末。でも実は特に予定がなかった。

 

でもさすがにせっかくロンドンに来てカウントダウンに行かず家で過ごすとか寂しすぎるでしょってことで、語学学校で仲よかった子達に連絡を。

 

でもまあみんなすでに予定入っててなかなか見つからなかったんだけど、学校で仲がよかったイタリアンが誘ってくれた。

 

よかった。イタリアのメンズはいいやつばっかです。

 

そんで夜にあのハリポタの聖地「キングズクロス駅」で待ち合わせをした。メンバーは僕とイタリアンとトルコの男の子とフランスの男の子。

 

カウントダウンは花火があるのだけど、ベストポジションは有料でかなり早くから売り切れるらしい。だから僕らは諦めて適当に見える場所に行こうということに。

 

適当に電車乗って花火が見えるところを探しに行った。とりあえず酒を買おうという話になり、コンビニに。

 

そこでびっくりしたのが、僕はビールを買っただけなのだけど、トルコ人 の彼はまさかのウイスキーを瓶で買っていた。それをそのまま飲むっていう。マジか。おれには無理っす。酒がかなり弱いので。

 

で、カウントダウンも近づいてきたのだがもう人が半端ねぇんでゲス。ゾロゾロと花火が見える橋みたいなとこまで人が流れていくんでゲス。

 

花火はロンドンアイ(めちゃでかい有名な観覧車)の近くから打ち上げられるんでゲス。

 

っていうかおれロンドンアイまだ乗ってねぇでゲス。ていうかあれ高いんでゲスよ値段がでゲス。

 

人が多すぎて途中はぐれたんでゲス。あれだよね。ヨーロッパ人を顔で見分けるのは難しいんでゲス。しかも夜ならなおさらでゲス。

 

でもまあなんとか見つたんでごわす。

 

人混みがとにかくすごすぎたんだけど、奥に行ったら空いているところもあったんでごわす。

 

さぁ、いよいよ始まるでごんす。カウントダウンが始まるでごんす。待ちに待ったロンドンのカウントダウンでごんす。

 

写真を取るために携帯を構える。

 

 

人のカメラの前でイチャイチャしてんじゃねぇ。誰だ。

 

10

一気に連発でヤンス。ハッピーニューイヤーでヤンス。

 

とにかく勢いがすごくて怒涛の花火ラッシュでヤンス。

 

 

でも、結構すぐ終わった。本当、一気に打ち上げて、時間はちょっとだけって感じだった。

 

で、とりあえず僕らはわいわいやって帰ることに。

 

だけど、ここからが大変だった。みんな同じ方向に帰るからもう駅までの道が行列で、なかなか駅までたどり着かないのだ。

 

もう結構眠いし寒いし、とにかく寒かったからしんどかった。

 

ロンドンのカウントダウンに行く方はみんなと違う帰り道を確保した方がいいかもですね。

 

次のお話はこちら>>ロンドンの海外留学生活がついに終了。さよなら、帰国します。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です