ハンガリーのホステルで出会ったおばちゃんが、なんか怖かった。

現在ハンガリーの首都ブダペストのホステルからこのブログをお届けしています(2017年7月)

 

今回泊まっているのは

Walking Bed Budapest Hostel (ウォーキングベッドブダペストホステル)

です

アパートの一室を使っているみたいでちょっと変わった内装です

 

で、このホステル自体は決して悪くないと思います

部屋も広いし、近くにヨーロッパではおなじみの大手スーパー、テスコALDIなどがあります

 

すんっごい近くに安くランチとか食べられるお店もあるし、とても便利です

 

 

ただ、バスでチェコから来たのですが、そのバスターミナルからは遠かったですね

荷物もある状態で歩いて来たから1時間位かかりました

そこが一番のデメリットと言えると思います

でも、電車とか路面電車みたいなのを乗りこなせればもっと早いと思います

初めて来たので僕には無理でした

 

あと、結構な人数が泊まれる部屋に対してトイレとシャワーが1つずつなのでそれもちょっとマイナスですかね

でもみんな使わないのか時間がバラバラなのか、案外トイレもお風呂も混まなかったです

もちろんキッチンもあります

 

そして、今回ここで一番個人的に嫌だったのが…

 

同じ宿泊客のおばちゃんが不気味だった

 

ことです。見出しにしてしまうくらい不気味でした

健康的な肌と体型

どうやらハンガリー人のようでした。健康的な小麦色の肌に体型も何ていうか健康的

逆にその感じがまた不気味というかこれかなり失礼なこと書いてる気がしますがまぁいいか

 

なぜそんなにキッチンでガチな料理をするんだい?

昼からずっとキッチンにいて、ずっと料理してるんですよね

このあいだ何かの生地を練っていたときはまじでビビりました。何をしに来たんだろう?

英語が話せないみたいだったので会話はできませんでした

 

鼻歌&独り言は怖いからやめようよ

料理しながら鼻歌を歌いつつ、ちょくちょく独り言を言うんですよね

しかもハンガリー語だから何言ってるかはわからない。

怖い。まぁ、もちろん本人の自由なので僕に文句言う権利はないんけども。ずっと聞いてると、怖い

 

おい電気消すなや

ぼくはまぁリビングのテーブルでパソコン使って作業してることが多いんです

で、夜もやってるのでもちろん電気は付けてます

で、そのおばちゃんが部屋から出てきて、トイレに行こうとしたみたいなんだけど、リビングの電気消したんですよね

 

いやいや、俺いるし、作業してますやん

電気消されたら困りますやん

だけど言葉通じないので、そのおばちゃんがトイレ入ってる間にぼくはもう一度電気つけたんです

そしたらそのおばちゃん、トイレから出て部屋にもどるとき、また消しやがった

 

これ、どういうことなんだろう?喧嘩売られてたのかな?本当にナゾです

目が不自由な人ではなさそうだったからいるの気づいたはずなのに

 

おい、また消すんじゃねぇよ

それがまた別の日もありました。

こんどは遅い時間だったからガッツリ真っ暗になった

流石にイラッとしましたよね。ここまでくると流石に目がちょっとやっぱり良くない人だったのかな?

でも消したあとに人がいるって気づいたらしく、すぐに付けてくれたんですけど、そのあと独り言ぶつぶつ言いながら部屋に戻っていきました

電気消し&独り言のコンボプレイ。怖い

 

おいそこは冷蔵庫の電源じゃねぇ、WiFiだ

部屋のベッドでスマホ使ってネットを見ていたら、急にWiFiの接続が途切れたんです。

あれって思ってルーターがあるキッチンにいったら、そのおばちゃんがなにやら冷蔵庫を掃除してたみたいでした。どうやら霜取りしたいらしい

 

いやいや、おばちゃんも宿泊客なのにそこまでやるの?そう思ったけど、おばちゃんはめちゃめちゃやる気マンマンだった

で、冷蔵庫の電源切ろうとしてるんだけど、どこがコンセントかわからないからその辺のをとりあえず抜いてた。それは冷蔵庫のじゃなくてWiFiじゃぼけ

 

そんで僕にも多分だけど、「冷蔵庫の霜取りするから自分のを中から取り出して」と言ってたっぽい

おばちゃん「fhd;おいhv;fしおhbdhvどふhvd。アンダースタンッ?

俺「?????。ノー

ババァ「fdjぢvfldjv;いいjbdlfぢflvjdふぃbjdfアンダースタンッ??

俺「???????????ノー!!

 

これを何度か繰り返したあと、なんとか理解できた

自分の国の言葉ゴリゴリに外国人に使ってアンダースタンッ?ていわれてもわかるかぃ

 

流石に下着姿はだめだぞこら。セクハラで訴えるぞまじで

一番このおばちゃんに怒りを感じたのはここです

そのおばちゃんが下着姿でウロウロしてやがった。しかもTバック

 

 

もう一度言いますね

 

 

おばちゃんがTバックです

 

 

この際もう一度言いますね。

 

 

 

 

 

 

ババァが紫のTバックでウロウロしてるんです

 

だめでしょ?だめですよね?僕ひどいこと言ってます?言ってないですよね?

 

しかもやっぱりやたらと体型が健康的でなぜかそれにまたイラッとしてしまった

 

ホステル生活も大変です

 

世界一周している人って本当すごいと思ってます

ぼくは流石にずっと旅行し続けるのは無理なタイプみたいです

まぁお金にすんごい余裕があっていいとこ泊まれていいもの食べれてっていう贅沢できる旅行ならいいんでしょうけど

 

まぁでも、あのおばちゃんがついに出ていってからはなんとか落ち着きました

あ、つまり、このホステルがだめなんじゃなくて、このホステルはいいとこだったけど、一緒だったババ…おばちゃんがちょっとしんどかったってことですからね

Expediaで最安値をチェック!

以上です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です