Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるメリット・デメリット!

こんにちは!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてもう2年になるこぶ太です。

累計配達回数も7千件を超え、どんだけやるんだと自分でも若干引いています。

そこで、これから配達パートナーに興味がある方や登録しようと思っている方に向けて、こんなメリットやデメリットがあるよっていうのをまとめてみました。

特にこれから登録しようかどうかで迷っている方などは、あらかじめこのメリットやデメリットを知っておくのはおすすめです。

あらかじめ知っておくことで、実際に稼働したときの不安やストレスなどを軽減させられるのではないかと思いますっ!

こぶ太

まぁ正直なところ、個人的にはデメリットはそこまで感じないけどね。事故が怖いくらいかな

ってことで、これまでの2年の経験をもとにまとめていきますのでぜひ参考にしてみてくださいっ!

ちなみにあくまで僕自身の稼働エリアである東京都内で自転車稼働の場合でのお話になるのでそこはご理解ください。

\登録は無料だよっ/
Uber Eats 配達パートナープログラム

もっと詳しく知りたい方は…
Uber Eats(ウーバーイーツ)について登録方法などもっと詳しくしりたい方はこちらも合わせて読んでみてくださいねっ!↓Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法や報酬などをがっつりまとめたよ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット

ではではメリットからみていきましょう。はじめにざっくりいうと

メリット
  • オンオフが自由
  • 報酬が週払い
  • 初期投資が少ない
  • 運動になる(自転車の場合)
  • 面倒な上司や同僚などがいない
  • 満員電車にのらなくていい
くらいですかね…

 

これまでの経験を踏まえて感じたことを中心にまとめているので、今後また新たなメリットを感じたら追記していきますね。

ではそれぞれ詳しく解説していきます。

1,オンオフが自由

一番はとにかくこれですよね。

オンオフが自由

アプリをオンにすれば配達受付を開始、そしてオフにすれば注文の受付停止となります。

 

なので開始のタイミングはもちろん、終わりも自由だし、休憩も自由にとれるわけです。

おなか減ったら少しオフにしてご飯たべられるっていうのがかなりうれしいポイント。

ほかの仕事やバイトだと休憩を順番で回したり、時間も決まっていたりするから、すんごいおなか減ってるのに我慢しなきゃいけないことってかなり多いですよね。

 

僕は割と食べてもすぐにおなかがすく体質みたいなのもあって、休憩を自由に取れないっていうのはかなりのストレスです。

なので個人的にもこのオンオフ自由っていうのは最強だと思っています。

 

遅刻っていう概念もなくなりますからね。寝坊しても誰にも文句言われないから「寝坊しましたすみませんっ!」って謝る必要もないわけです。

2年も続けているのはなんだかんだこの辺の自由さが手離せなくなっているからっていうのが大きいですね。

2,報酬が週払い

ここもかなり激アツです。

これは僕がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始めたときに貯金がまったくなかったっていうのもあるのですが、かなり助かっています。

毎つき月末の一回払いだとそれまでしんどいこともありますが、週払いっていうのはありがたいです本当に。

ただ、毎週支払われると安心してついつい使いすぎちゃうこともあるので要注意ですね。

3,初期投資が少ない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始めるにあたって、最低限絶対に必要なものといえば自転車やバイクなどの乗り物とカバンくらいです。

乗り物をなにも持っていないとなると多少はお金がかかる場合もありますが、自転車かバイクのどちらかを持っていればすぐに始められます。

カバンは報酬からの天引きなので登録時に支払う必要はありません。

 

もちろん細かい準備物などを挙げればいろいろありますが、その辺は稼働しながらながら自分に必要なものを買い足していけばいいと思います。

自転車の人向けにスマホホルダーあったほうがいいよ!っていう記事も書いたのでそちらも合わせてチェックしてみてください↓↓

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにおすすめしたい自転車用スマホホルダーがかなり便利で感動した話

4,運動になる(自転車の場合)

もうね、がっつり一日自転車で配達したときの消費カロリーはかなりエグいと思います。

ダイエットにもなるし報酬も入るし、運動不足を感じている人にはかなりオススメです。

僕の場合、最初の数日はもう脚がパンパンでしんどかったです。でも2年も経つと連日できるようになるのでびっくりですね。

5,面倒な上司や同僚がいない

基本的に配達はひとりなので、人間関係などで悩むことはほぼありません。

注文者とのやりとりも受け渡しのときだけですし、接客が苦手でもできます。

こぶ太

とはいっても人としての最低限のコミュニケーション能力は必須だよ!たまにヤバいひとがいるもの事実なんですよね…

上司の顔色をうかがいつつ胃がキリキリするのを我慢するみたいなこともないのでそこはうれしいですね。

6,満員電車に乗らなくていい

これは住んでいるエリアと稼働エリアにもよるとは思うのですが、電車に乗る必要性は減るのかなぁと。

なかにはまだサービスが始まったばかりで注文が少ないなどの理由で、電車で都心部まで出てくる人もいると思います。

僕自身が始めたばかりのころはそうでした。

いまでこそ近所でも注文が増えたので、わざわざ遠くまでいかなくてもよくなりました。

ですが当初はほぼ毎日渋谷区や港区まで電車で行っていましたね。近所でできるのはかなりありがたいですっ…!

\無料で簡単に登録!/
Uber Eats 配達パートナープログラム

 

こぶ太

メリットはこんな感じですね。では次にデメリットをみていきまっしょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリット

前半でもいいましたが、デメリットはそんなに多くはないかなぁと思っています。

デメリット
  • 報酬の金額が安定しない
  • 予想外のエリアに飛ばされることがある
  • キャリアにならない
  • 事故のリスク
こんな感じかなぁと思っています。ではこちらも解説していきますね。

1,報酬の金額が安定しない

配達した分の売り上げが報酬となるので、すればするほど報酬額はあがります。

ですが、必ずしも自分がオンライン状態にしているときに注文が入るとは限りません。

自分自身にはやる気があっても、日によっては注文数自体が少ないこともあるんです。

時期によっても多少の変動がありますし、そればっかりは読めないこともあるので難しいですね。

 

なので、注文数が多いときにガッと配達して、ちょっと暇かなぁと思った日には思い切って休むっていうのもありだと思います。

「今日は暇だから休む」っていうのができるところもメリットではありますね

 

また、自由だからと言ってサボりすぎてしまうと後から後悔することになります。

こぶ太

これ、ぼくはめっちゃあります

なので自己管理を徹底するっていうのはかなり大事なポイントですね。

2,予想外のエリアに飛ばされることがある

これは正直僕にとっては結構しんどいポイントでもあります。

どういう事かというと、たとえば新宿エリアで配達をしていたとします。

で、その日はできるだけ新宿で配達していたいのに、そこから渋谷区に配達で飛ばされ、そこからさらに港区、気づけば千代田区に飛ばされてここどこやねんみたいなこともあるんですね。

 

短時間しか配達する予定がなかったときなどにそうなってしまうと、家からだいぶ離れてしまってほとんど配達ができないっていうこともあるわけです。

 

逆に、一日がっつり配達しようって決めているときはそれはどれで楽しめたりもします。

普段自分ではいかないところを自転車で配達するのって結構たのしかったりもするんですよね。

なので余裕さえあればそういうこともたのしめるので、状況次第ではメリットにもなります。

 

僕個人の理想としては、配達可能エリアを選べるようになったらうれしいなぁって感じですね。

いずれなるといいなぁ。

3,キャリアにならない

基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは誰でもできます。

報酬が得られるタイミングも早くとても便利。

ですが、それが何かの実績として積み上げられるかというとかなり難しいですよね。

 

誰でもできるということは希少性もないし、特殊なスキルが身に着くわけでもありません。

もし今後配達パートナーの指名制度なんてできたとしたらまた変わってくるかもしれないですが、いまのところそのような気配はまったくありません。

 

なので、「Uber Eats(ウーバーイーツ)を2年やってました!どやっ!」と言ってもちょっと弱いなぁっていうところはあります。

僕の場合はそれがブログのネタにもなっているのでまぁいいのですが、それでもこれだけではよくないなぁとも思うので他の職種にもチャレンジはしています。

 

逆に、副業にはもってこいだと思っています。

いつでもオンオフできるっていう特性を活かしてスキマ時間でできるわけですから。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)でこれから配達したいと考えている方は、専業でももちろんいいとは思います。

ですが依存しすぎるのはやめたほうがいいのではないかなと個人的には思っています。

 

とはいえ、この経験をいかして何か事業につなげようとかそういうことができちゃう人はガンガン攻めたほうがいいとも思いますね。僕にはいまのところそういうのはできる気がしませぬ…

4,事故のリスク

ここがほんとうに怖いところですね。

僕の場合はこの2年で特に事故にはまきこまれてはいませんが、ヒヤッとしたことはあります。

車道で転んでしまったこともあるし、本当気をつけないとなって思っています。

 

ただ、こちら側がどれだけ気をつけていても、車がつっこんでくるとかの可能性もゼロではないわけですよね。

実際にそういう事故もありましたし、あおり運転とかもしょっちゅうニュースでみるし。

なので、配達に慣れれば慣れるほど気が緩んできがちなので、とにかく毎回毎回気を引き締めて配達しないといけないですね。

僕は雨の日はやらないっていう毎ルールをつくってできる限り危険なリスクを減らすようにしています。

まじで怖いし。そこだけは本当に全力で気をつけましょう。

 

 

デメリットはこんな感じですかね。

まぁ事故のリスク以外は、人によっても違うだろうし、対策もいくらでもできます。

なので配達していくうちにコツをつかんで、うまいこと効率よく報酬を得られるようになると思います。

 

まとめ:結局Uber Eats(ウーバーイーツ)があってよかった!

どんな仕事でもメリットやデメリットはそれぞれあります。

ですがUber Eats(ウーバーイーツ)はとにかく自由度が高いのでこのUber Eats(ウーバーイーツ)があってよかったなぁって本当に思っています。

 

ぼくは生活費をUber Eats(ウーバーイーツ)でなんとかまかなっているので、ただただ感謝しかないです(多少の不満はあるけどw)

まぁ改善してほしいところもあるなぁとも思いつつ、自由にオンオフが切り替えられるっていうのはほとんどのデメリットを上回るメリットだとも思っています。

 

なのでもしこれから登録しようか迷っている方などはぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか。

お金以外にも、運動やダイエットなど目的に応じて稼働のしかたを変えられるので、自分なりの楽しみ方を見出すこともできます。

とにかく事故にだけは気をつけて安全な配達ライフを送りましょうっ!

\まずは無料で登録っ!/
Uber Eats 配達パートナープログラム

 

こちらもチェック!
登録方法などもっとUber Eats(ウーバーイーツ)について詳しくしりたいかたはこちらも読んでみてくださいねっ!↓Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法や報酬などをがっつりまとめたよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です