なぜかゲイに間違われた、とある日の午後

この記事はゲイを含む同性愛を否定する記事ではありません。「ゲイに間違われたけれど、違いますよ」という、ただそれだけの記事です。個人的には、性も恋愛も、自由でいいと考えています。

 

 

最近ウーバーイーツの配達員を始めたのだが、この仕事は配達依頼が来なければ、ヒマな時間ができてしまう。

 

その暇な時間に、スマホをいじりながら時間をつぶすことが多い。

 

 

そしてこれは、夕方に差しかかろうとしているある晴れた日の午後だった。

 

配達依頼を待つべく、ガードレールにもたれかかり、特に何も考えずにただぼーっとスマホをいじっていた。

 

すると、とある男性が声をかけてきたのだ。

 

「この辺詳しい?」

 

すみません、といった言葉もなく、いきなり「この辺詳しい?」と、唐突に聞いてきた。

 

サラリーマン風の、スーツ姿でおそらく年齢は30代後半か40代前半くらいだろう。

 

その声のかけ方に違和感を覚えつつも、

 

「いや、そんなに詳しくはないですね」

 

そう答えた。

 

この仕事柄、東京都内の様々な地域に行くこともあるし、その時にいた場所は拠点にもしているエリアであったので、全く知らないというわけではない。

 

だがそれはあくまでウーバーイーツの配達員としてのことだ。単純に詳しいか、と聞かれれば、あまり自信はない。

 

この時、おそらく道を聞かれるのだろうと思い、そして配達以外で訪れるエリアではなかったことから、そう答えたのだ。

 

だが、この目の前にいる男性から発せられた言葉は、予想を遥かに上回っていた。

 

 

 

「この辺って、ハッテン場ある?」

 

 

 

はじめは耳を疑った。

 

ハッテン場というのは、いわゆるゲイ同士が集まり、なんやかんやする場所、というのは知っていたが正直それ以外のことは詳しく知らない。新宿2丁目や上野あたりにそういった場所があるというのは聞いたことがある。

 

「いや…知らないっすね…」

 

本当に知らなかった。

 

そのときいた場所は、どちらかと言うと高級住宅街で、高所得層が多く住むエリアだ。もちろんだからといってそういった場所がないとも言い切れないが、少なくとも自分は聞いたことがない。

 

だがその男性は意外にも、こう続けた。

 

 

「でも誘われるでしょ?」

 

 

正直、「???」だった。

 

もちろん、

 

「いやいや、誘われないですよ」

 

そう返した。

 

誘われたことなどないし、なによりいきなり話しかけて、これは少し失礼なのではないだろうか。

 

 

冒頭でも記載したが、ゲイなどの同性愛を否定するつもりは全くない。だが、自分は違う。

 

 

 

女性が大好きだ。

 

 

だが思い返すと、間違われたことはコレが最初ではない。

 

 

あれは逆上ること約10年前、まだ新卒で入社してまもない頃だった。

 

接客業だったため、とある男性客と会話をしていたときだ。

 

 

「男の人好きそうですね」

 

その客の男性にそう言われた。

 

繰り返すが、自分はそちら側ではない。

 

「いやいやいや」

 

笑いながらそう返した。

 

そしてこの男性が冗談で言っているのであろうということも考え、こちらも冗談で返そうと、笑いながら

 

 

「すごく女性が好きです♡」

 

そう答えた。

 

するとその男性は、

 

「え…あ、あぁ…」

 

 

 

おい

 

 

そっちからいきなりフッてきておいてこっちの返しに引くんじゃねぇ

 

そう思ってしまった。

 

だがそう考えると、自分はそう見えやすいのかもしれない。

 

自分の見た目のどこにそういった要素があるのかは、全くわからない。

 

 

話を戻すと、そのハッテン場の場所を聞いてきた男性はさらにこう続けた。

 

 

「新宿2丁目とか行ったことある?」

 

「いや、ないです」

 

「え、何で?断ったの?」

 

 

 

 

なんなのだこれは。

勝手に誘われた前提で話しているが、本当に誘われたことなどない。

 

いやいや、本当にそういうのないです」

 

そう答えると、男性は最後に笑顔でこう言ったのだ。

 

 

 

 

 

「ふふ…ありそう♡」

 

 

 

おい

 

なんだお前は。

 

 

自分のどこに一体そう見られる要素があるのだろうか。

 

 

そんなとある日の午後でした。

 

おわり







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です