UBER EATS(ウーバーイーツ)の配達員が稼げると聞いて、登録して始めてみた

タイトル通り、ウーバーイーツの配達員が稼げると聞いたので、始めてみました。

 

海外から帰国して、あまり金銭的な余裕がなく、何かすぐに始められる仕事はないかと探していた時に見つけたんですよね。

実際、履歴書などいらないのですぐに始められ、かなり助かりました。

 

で、問題は実際に稼げるのかどうか。

やってみて思ったのは、

 

最初からいきなりはそんなに稼げません。

 

これはあくまで自転車での話です
僕は自転車でしか配達していないので、原付きの場合は正直わかりません。自転車の方が配達依頼数は多めなようですが、原付きだと距離が稼げるので一件あたりの報酬は自転車より高かったりもします。なので、自転車と原付きでどっちが稼げるかっていうのははっきり言えないところがあります

 

まぁ、どんな仕事だっていきなりがっつり稼げるなんてのはそうないですよね。

 

(2017/12/29追記:現在3ヶ月以上経ちましたが、慣れてくると立ち回り方やコツなどもわかってくるのでもう少し稼ぎやすくなります)

今後稼げるようになってきたらまたその情報を記事にします。

 

この記事にたどり着いた方は、ウーバーイーツの配達員に興味がある人だと思います。

なので具体的にどんな仕事なのかまとめているので参考にしてみてください。

 

UBER EATS(ウーバーイーツ)とは

ウーバーイーツはすんごくざっくり言えば、出前ですね。

でも、店舗のスタッフさんが直接運ぶのではなく、店舗とお客さんの間にウーバーイーツが入って、加盟しているレストランから料理をデリバリーするっていう形です。

 

それを配達するのは、ウーバーイーツに登録している一般人なんです。

店舗のスタッフではなく、ウーバーイーツに登録している配達員ということです。

クラウドソーシングに似たタイプになるのかな。

 

もともとは海外発のサービスなんですが、2016年9月から、日本でもサービスが開始されました。まだ1年しか経っていないんですね。(2017年現在)

しかも、サービスエリアは東京のみ。その東京の中でも限られています。これからどんどん拡大していくはずなのでその辺も期待したいですね。

(2017/11/15追記:横浜でもサービスが始まっています。横浜エリアにもパートナーセンターがあるようなので興味がある方は登録してみましょう。 2018/02/14追記:現在東京は23区全てサービス対象エリアになっています。どんどん増えていきますね)

ウーバーイーツの登録方法

 

ウーバーイーツの登録方法は基本的にスマホだけでオーケーです最後の本登録で恵比寿(横浜エリアの人は横浜)のパートナーセンターに行かなければいけないという以外、すぐに済みます。

 

登録も手順に従うだけなのでなにも難しくはありません。

>>UBER公式サイトで配達員登録

 

必要事項を入力して、アプリをダウンロード、設定するだけなので時間もそこまではかかりません。

身分証明書などのアップロードなどもすべて終わって承認されると、UBER側から連絡がくるので、恵比寿or横浜にあるパートナーセンターに行き、本登録すれば終了です。

 

本登録に行く前に

本登録に行くと、ウーバーイーツの説明動画は見たかと聞かれます。これはアプリで登録等を済ませた後に最後に出てくる動画のことです。

これを見ていないとまずは見るように促されるので、行く前に開いた時間で一通り見ておきましょう。長い動画ではないので寝る前にでも軽く見ておくといいと思います。

 

また、注意しておきたいのが、給与の振込において、楽天銀行などのネット銀行は使えません。

なので他の銀行口座がもしなければつくる必要があります。僕は三菱UFJで問題ありませんでした。

 

あと、給与は海外からの振込になるので、金融機関等の情報は英語で記入する必要があります。行く前に控えておいた方があとでラクです。

ネットで[金融機関名 英語]で検索すればすぐに出ると思います。

 

本登録後にバッグを支給してもらえる

パートナーセンターで本登録を済ませると、配達用の大きいバッグを支給してもらえます。これはあくまでレンタルというかたちなので、8,000円のデポジットがかかります。

だけど、それはその場で払うのではなく、最初の給料から2,000円ずつ引かれるんです。つまり最初の4週間は給料がマイナス2,000円になるということですね。

 

最初はコレ持って配達ってマジか…ってなるかもしれませんが、このバッグは保温、保冷機能があるので他で代用することは難しいと思います。

僕も最初はちょっと抵抗あったんですけど、慣れたら余裕ですマジで。

おれ、うーばーだぜ、的なドヤ顔で配達してます。

 

まぁでもどうしても気になるなら、

ロゴは取り外せます

一応、正面にある「UBER EATS」のロゴは取り外せるんですけど、個人的には外さない方がいいんじゃないかと思ってます。

 

っていうのも、まだこのウーバーイーツはサービス開始から間もないので、認知度が低いんですよね。だけど配達員の数は増えていっています。

 

ということは、注文数が増えてくれないと競争率だけ上がって稼ぎづらくなるということになっちゃうんです。なので、ここはまんまとウーバー側の思惑通り、ガッツリ宣伝した方がいいと思ってます。

 

じゃあ常にこのドデカイの背負ってなきゃいけないのかっていうと、

 

バッグは折りたためます

これはちゃんと折りたためるんです。

↑の感じで結構小さくできるので、配達しないときはこの状態にして背負っちゃえば大丈夫です。(ちょっとかっこ悪いけど、それも慣れです)

で、これでどうやって運ぶん?て思うかもしれないし思わないかもしれないけど、

 

バッグの使い方

を説明しちゃいますね。

このでかいバッグの中に、もう一つ小さいバッグが入っています。

 

基本的に料理はやたらデカイのじゃないかぎり(ピザとか)、この小さい方に入れることがほとんどです。

 

もちろんこの小さい方も保温、保冷機能があります。で、取外し可能な仕切り板があるのでそれをうまく使って温かいのと冷たいのが同時にあるときは分けて入れます。

バッグのなかで動かないようにうまく使いましょう。タオルを2〜3枚常備しておいて、スカスカになるときは間にタオルを埋めると固定できるので、タオルは必ず持っておいたほうがいいです。

実際かなり使ってます

結局この仕事ってじゃあなんかやるメリットあんのかぃ?って、思いました?

 

UBER EATSのメリット、デメリット

ツイートでざっくりまとめてみました。

 

このなかで個人的にアツいのは、好きな時間に始められて好きな時に終われるっていうのと、服装髪型が全部自由ってとこです。

始めたいときはアプリを「オンライン」にして、終わりたいときは「オフライン」にするだけです。

この切替はアプリを起動してワンタップでできます。

とにかく自由度が高い仕事です。給料が週払いなのも嬉しいですね。

 

あとすこし付け加えるとすれば、うざい上司にごちゃごちゃ言われないで済むってことと、依頼主が高所得者が多いので高級マンションに行くことが多くなって、自分もいつか住むぞっていうモチベーションが高まります。

まじでホテルみたいな家ばっかりです。

逆にデメリットは、

 

って感じですね。あとはずっと1人で配達するので孤独っていうとこです。

収益は安定しないので、自転車の場合コレ一本で生計立てるには結構頑張らないといけないけど、とにかく自由度が高いので個人的には好きですね。

 

あとはまぁ日雇いの派遣とかだと、出発前に「これから出まーす」とか、終わった後に「終わりましたー」っていう連絡しないといけなかったりもするじゃないですか…あれ超めんどくさいじゃないですか…

そういうのが一切ないのでありがたいですね。

雨の日にどうするかはその人次第だと思うんですけど、ぼくはやめてます。濡れるのはカッパとかでなんとかなるにしても、自転車だと道路滑りやすくてコワイので。

最近雨が続いて稼げねぇってなったので、雨の日もやり始めました。

雨の日は、かなりしんどいけど雨天インセンティブがつくんです。

ただ、これは抽選で選ばれるみたいなので、ないときもあります。でも個人的には結構選ばれてるので確率は低くないんじゃないかと。

あと、雨の日だと家で食事済ませたい人が増えるので、配達依頼数がグッと増えます。これマジです。

 

配達中に次の依頼がどんどん来ます。(急に降ってきた場合とかだとそんなでもないかな)

 

だから、雨の日はしんどいけど稼ぎやすいです。まじです。(2017/10/18追記)

 

でも、自転車も原付きもねぇよって人もいるかもですね。でも方法があるんですよ。

 

自転車はレンタルできる

基本配達は自転車か原付きになります。僕は自転車です。本登録で説明してもらえるけど、自転車はレンタルが可能なんです。

赤い自転車なので配達員の間では、”赤チャリ”と呼ばれてたりします。

月額4,000円なのでちょっと高いけど、そこは配達をこなして稼ぎましょう。(4000円を一日で稼ぐのは自転車でも全然難しくないです)

レンタルできる自転車は電動なので便利です。自転車ポートから借りて、どこのポートで降りても大丈夫なので結構使いやすいですね。

ポートも結構あります。特に六本木、麻布エリアは多いと思うのでよく利用してます。残念なのは渋谷エリアにはまだないということ…今後の拡大に期待です。渋谷区にもいつの間にかできてました。

赤チャリのポートはどんどん増えているので、広範囲での活動もしやすくなってはきています。

 

*赤チャリの場合、電池が切れると重いのでまず配達を続けるのは厳しくなります。なので一日に数回乗り換える必要があります。事前にポートの場所を専用アプリで確認しておきましょう。

 

 

自由に稼ぎたい人にはおすすめ

とにかく自由度が高い、っていうのが最大のメリットです。途中でお腹減ったら配達中以外ならいつでもご飯食べられるし、疲れたら帰れます。

ただ、その分やらないと稼げないので、他に収入源があるともっといいですね。

 

まだ始まって1年のサービスなので、今後の伸びしろはまだまだあると思います。(運営が若干適当なので不安もありますが…)

 

全国展開するころにはまた収益のシステムも変わってたりするんじゃないかな…。

 

配達員も増えてきているので、早めに始めて稼げそうなスポット見つけたり、ノウハウ覚えておくと後々有利かもですね。

 

2018/02/14追記:最近ではUberEats自体の認知度も上がってきて、注文数が以前より増えている印象があります。しっかりやれば日給1万円以上可能です(特に土日とか)

稼いでる人は自転車でも1日に2万円も稼いでいる人もいます。僕も目指してるんですがなかなか厳しいっすね…

Twitterやってる人は、#UberEats配達員

とかで検索すると、配達員のツイートが結構見れたりするんで始める前に参考にしてみてもいいかもです。一日の収益とか報告しあってたり、トラブルとか共有してたりするので、孤独なこの仕事には重要な情報収集源です)

 

僕個人としては、晴れの平日だと7〜9時間ほどで日給1万円に到達します。なのでいまのところこの仕事一本でも生計が立てられてます。

 

そしてさらに、今は紹介キャンペーンで↓のリンクから登録して30回配達すると、紹介された方も原付きなら2万円、自転車なら1万円もらえます。

 

紹介した側も3万円もらえる仕組みになっているので、登録して30回配達達成したら、紹介する側にまわるといった稼ぎ方もありですね

よくキャッシュバック的なものだと実際に振り込まれるまでに時間かかったりすると思うんですけど、このキャンペーンだと30回達成した週の報酬に加算されるので、翌週にはゲットできます

1日やれば10回以上の配達は余裕でいくので、30回の配達はよっぽど手を抜かない限り1週間かからないです

このキャンペーンがいつまで続くかわからないのでよかったらぜひぜひっ。

本登録もそんな時間かかるものではないので、ちゃちゃっと登録して、肩慣らし的な感じでまずは30回目標にやってみるっていうのがいいと思います。

勝手に5,000円Backキャンペーン!!します(希望者のみ)
ありがたいことに最近このブログから登録していただける方が増えてきました。

なので、このブログ経由で登録していただけた方限定でお礼として30回配達後、¥5,000をバックさせて頂きます。

つまり、30回配達すると自転車なら合計で1,5000円、原付きなら2,5000円ゲットできるということです。(これはUber Eatsではなく僕が勝手にしているキャンペーンになります

30回配達をクリアしたかどうかはこちらでも確認できますので、達成を確認後、対応いたします。

都内を中心にエリアも増えてきているので、今のうちに人気店など押さえて稼ぎましょうっ!

大阪エリアの方へ(2018/02/20:追記)
最近大阪エリアでの配達員の募集がスタートしているようですが、この紹介キャンペーンは今はまだ大阪では適用されていないとのことです。いつどうなるかも未定とのことなので、ここから経由して登録すること自体は問題ないと思うのですが、報酬など受け取れる保証はないということをご理解ください。よろしくお願い致します。

>>UBER公式サイトで配達員登録

今後も情報があったら記事にしていきます。

 

そんで登録したら、ないと困る必須アイテムもチェックしましょー>>UberEats(ウーバーイーツ)配達員で稼ぐために欠かせない事前準備物3つ!くらい

こちらは全くオススメしません

なぜかゲイに間違われた、とある日の午後







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です