新卒生が上司に対して思いがちな不満17選

新社会人として就職した方々もそろそろ仕事に慣れてきたのではないかと思います。

仕事や職場環境に慣れてくるにしたがって、その職場に対する不満なども見えてくることもあるでしょう。希望を持って入社したものの、理想と現実の違いに悩む方もいるかと思います。

そんな新社会人の皆様がウザめな上司に思うであろうことをまとめてみました。

 

1,ええ…それ自分のミスじゃないのに…

自分が犯したミスではないのになぜか自分が怒られてしまう。これはあるあるではないかと思います。なんで自分が…みたいな。言い返すと余計めんどくさいのでよっぽどじゃなかったら適当に謝っときましょう。

 

2,そんな言い方しなくても…

やたらきつい言い方する上司いますよね。そこまで言われるようなことしたかな…みたいな。まあでもここで言い方云々言いだすと「これだからゆとりは…」となんでもゆとりのせいにされてしまうのでめんどくさいのでやめときましょう。

 

3,飯の席で説教すんのやめて

せっかくの癒しの食事の時間に上司がいた場合、「どう?結構慣れた?」的な一言から始まり、説教がスタートします。ご飯の美味しさを感じることができない時間。「今日おごってやるよ」には気をつけましょう。「これから説教するからな」を暗号化したものです。そしてさらに「自分の時はこうだった」と、自分はもっと大変だった的な謎のアピールが始まります。

 

4酒注ぐ意味ある?

上司を交えた飲みの席。部下が上司の酒を注ぐという日本の謎の伝統。「自分が飲む酒なら自分で注げよ」なんてもちろん言ってはいけません。 仮に勇気を出して言ったところで「俺らはそうやってきた」という自分はもっと大変だった的な謎のアピールが始まります。

 

5,失敗してるとこしか見てなくね?

ちゃんとできているところはスルーされ、失敗した時だけ目を光らせてくる上司もいるでしょう。3回うまくできても1回ミスったらただ1回ミスっただけのやつになってしまいます。言い返してはいけません。「自分の時はもっと厳しかった」という自分はもっと大変だった、むしろ自分は優しい方だ、という謎の”理解ある上司”アピールが始まってしまいます。

 

6,会社の外で見るとオーラないよね

これは言ってはいけないやつです。上司も一歩外に出たら一人のおっさん人間です。挨拶はしっかりしましょう。

 

7,声でかくね?

そんなもんです。逆に声が小さかったらそれはそれでいやでしょう。

 

8,どこ見てんのよ!?

そういえば最近青木さやか見かけないですね。どうしたんだろ。

 

9,何見てんのよっ!?

やめときましょう。元ヤン感丸出しです。というかそんな見てません

 

10,八つ当たりかよ…

上司の機嫌が悪い時ありますよね。いつもはOKなことでもこの時はダメです。気をつけましょう。

 

11,ハゲ!

口が裂けても声に出してはいけません。言うなら100%上司がいないところで言いましょう。ですが現代は情報なんてすぐ漏れます。愚痴には気をつけた方がいいです。

 

12,口臭くね?

間違っても声に出してはいけません。言うなら100%上司がいないところで言いましょう。ですがあなたも私も臭い可能性があります。気をつけましょう。

注意!!

上司の皆さん、コーヒー、もしくはタバコ、または両方嗜んでいる方は気をつけてください。影で言われている可能性高いです。特に両方の威力はすごい上に自覚症状がありません。 

 

 

13,ハゲっ!

いや、だから言ってはいけません。気持ちはわかります。落ち着いてください。

 

14,香水つけすぎ

しょうがないです。つけなきゃつけないで加齢臭が放たれるので我慢しましょう。

 

15,言いたいことあるならはっきり言えよな

言葉を濁したり遠回しに言ってくる上司、さらには陰で言っているような上司もいるでしょう。「んだよはっきり言えよ」そう思うこともあるでしょう。ですが気をつけてください。そういう人に限ってはっきり言ったら言ったで文句しか言いません。はっきり言って欲しいならもっと素直さが必要です。

 

16,風俗行ってそう

放っといてあげてください。決して悪いことではありません。(多分行ってます)

 

17,あのハゲ!

いや、だからダメだって…え、どのハゲ?

これはなんのデータでもありません。あくまで僕の想像です。「そんなこと思ってねーよ」と思う人もいるでしょう。それならそれに越したことはありません。

でもハゲ、くらいは思うでしょ…たまに。(え…俺も言われてんのかな…←アラサーです)

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です