海外生活で僕が得たもの、100選

これまで、イギリスはロンドン、カナダはトロント、アイルランドはダブリンで生活を、旅行ではペルーのマチュピチュ、アメリカはニューヨーク、タイのバンコクと行ってきました。

まぁドヤ顔で、「いろんな国行ってきました」なんて言えるほどではないですが、でもどれも刺激が強くて楽しかったですね。マチュピチュなんてまさか自分が行くことになるなんて思わなかったですし。

行くまでも本当に俺行くのかなっていうくらい信じられない変な感覚でした。これからもまだ数カ国行ってみたいと思ってます。

 

そんな僕が、これまでの経験を通して得たものをとりあえずさっと100個まとめてみようと思います。 ちょっと長いですがお付き合いいただけると幸いです。100個もあるのかな…

では参りましょう。

 

1,外国人とのコミニュケーションに慣れた

これは別に英語がペラペラになったとかそういうことではありません。なんていうか、外国人を相手にしても怯まなくなったって感じですね。それまではやっぱり、外国人と話すとなるとビビって頭が真っ白になってたんですが、海外で暮らすようになってそれはなくなりました。

日本も外国人が増えたとはいえ、やっぱりまだまだ閉鎖的です。日本の中だけにいたらこうはならなかったでしょう。

 

2,人の好き嫌いが減った

もともと僕はなかなか自分と違う人を受け入れることができませんでした。すぐ「あ、こいつなんかもうやだ」みたいに思っちゃってたんです。

でも、やっぱり外国となると日本ではありえない価値観の人も普通にいるし、これまでの常識が全然通じなくなるわけですね。そんな人たちと学校通ったり遊んだりするうちに周りを受け入れられるようになりました。

 

3,日本語でのコミュニケーション力が上がった(気がする)

あくまで気がするだけです。普段英語で話す環境にいると、やっぱりうまく伝えられなかったりすることが多いわけです。日本語だったらうまく言えるのに…。そう思ったことが3万回か2回ほどありました。

そんな経験を繰り返していくうちに、日本語で話すことがものすごく簡単に感じて、日本語で話すくらい余裕だわ、みたいに感じるようになったんですよね。

いわば言葉の筋トレみたいな感じですね。負荷かけてた分その負荷が取れたら軽くなったという感じです。でも滑舌は悪いままです。舌の筋トレが必要なようです。

 

4,自動販売機のありがたさを知った

もちろん外国でも自動販売機はあります。でも日本ほどいたるところにはないんですね。で、あったとしてもペットボトルの飲み物とちょっとしたチョコとかのお菓子類。

しかもそこそこ高いんです。日本でどこでも気軽に百円ちょいでジュース買えるとか神だと思いました。

 

5,缶コーヒーのありがたさを知った

僕はコーヒーが好きなのですぐ飲みたくなります。まめに飲まないと落ち着きません。カフェイン中毒です。飲まないと寝ます。

でも欧米とかになるとかなかな缶コーヒーって売ってないんです。一応アジア系のスーパーに行けばあったりもしますけど毎回そこまで缶コーヒーのために行くのはしんどいっす。

ただ日本以上にカフェはあるからコーヒー自体は買えるんですが、なんか無性に缶コーヒーが飲みたくなる時がきます。よね?え?

あの絶妙な甘さ。カフェじゃ無理です。

 

 

……まだ5個…?

 

6,行動力が身についた

やっぱり海外においては、というか日本もそうなんでしょうけど、待ってては何も始まらないわけですね。仕事でもなんでもとにかく動かなきゃいけないわけです。

僕はもともとやる前から考えて行動が出遅れるタイプでした。今でもそういうところはありますが、昔よりは行動力ついたなと思います。まぁそうでなければ海外なんてそもそもこれないですし。

 

7,スマホがSIMフリーになった

SIMロックかかってると現地で使えないですからね。これから海外行く方はSIMフリーのスマホ買うことをオススメします。

8,節約術が身についた

日本より物価が高い国はたくさんあります。節約しなきゃやってけないことが多かったので節約術が身につきましたね。

 

9,忍術的な何かが身についた

海外の人は歩くのが遅い人が多い気がしています。もちろん国や地方にもよるし、僕が長く東京に住んでたこともあるからそう感じるのかもしれません。ですが、彼らよりも僕は早く歩けます。それも静かに、気配を消して。

きっと外国人に僕は見えていないでしょう。また、ロンドンにいた頃、ブラジル人の女性が「イギリス人は歩くのが早い」と言っていました。

ブラジルは行ったことないですが比較的のんびりしているんでしょうかね?イギリス人に対してそう思うということは、おそらく僕が歩いている間彼女に僕の姿は目で捉えることはできていなかったでしょう。

 

10,黒魔術的な何かが身についた

イギリスでハリポタの聖地巡礼したからですかね。僕はもういつでも呪うことができます。 エクスペクトパトローナム。

 

おそらく勘のいい方はお気づきでしょう。この時点でもう100個書くことに限界を感じていることに。スベリ始めています。

 

11,ひげが伸びた

僕は童顔で、アラサーであるにもかかわらず年齢確認をよくされます。以前西友で年齢確認された時は驚きました。そのため、なめられたくないので少しでも大人っぽく見せようとヒゲを伸ばしました。特に効果はありません。

 

12,デニムに穴が空いた

カナダはそうでもなかった気がしますが、ロンドンなんかはおしゃれな人が多く、デニムが穴だらけです。穴まみれです。気づいた時には僕のも空いていました。

 

13,飽きてきた

まだ13個目であることに驚きつつさすがに100個も書き続けるには先が長いので飽きてきたのです。

 

14,100個もないということに気づいた

はい、やはりいくらなんでもそんなにありません。

 

15,金髪美女の気の強さが怖い

偏見や差別的な目で人を見たくはありませんが、それでもやはり欧米の女性は気が強いと感じています。怖いです。怖いです。

 

16,YouTubeが怖い

これは強敵です。本当はもっと英語とかいろいろ勉強しなきゃいけないんです。でも日本の動画とか見始めると止まりません。次から次に見ちゃうので。見れば見るほどハマってしまいます。怖いです。 

 

 

さてさて、どうしたものか。でもやっぱあれですよね海外っていろんな人いるし合わない人もいるしストレスも溜まることもやっぱりあるし、でもなんだかんだ楽しいですよね。

治安とかで日本より不自由さを強いられることもありますがそう思うとやっぱ日本はいい国なんじゃないかと思ってます。

海外と比べて日本は…みたいなことをいう人もいますが、それって結局お互い様みたいなとこもあると思うんですよね。日本は島国っていうのもあって閉鎖的で寛容さが足りないっていう人もいるし、僕自身思うときもあります。

でも海外行くと電車やバスが時間通り来ないとか普通にあるし、交通に関しては日本は神だと思ってます。

外国の人が日本にきたら多分「日本はこんなに交通便利なのにうちの国は…」みたいな気持ちになることもあるんじゃないでしょうか。どこの国だっていいところと悪いところがあるわけですよね。

なんでもかんでも外国と比べて日本を否定するっていうのはやっぱよくないなぁと。僕自身やってしまうこともあるので気をつけたいところです。

 

 

そんなこんなで今何個目でしたでしょうか?えっと確かそろそろ99個目だったでしょう。ということはもう少しですね♡

 

 

 

99,鼻毛伸びるの早くない?

気のせいでしょうか?すぐ伸びる気がします。

 

100,日本大好き

結局、日本が大好きであることに気づきました。

やはり100個も挙げると大変です。ですが海外に行くとこんなに得るものがあるよということがお分かりいただけたのではないかと思います。

グローバル!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です